斎場・葬儀場の種類

通夜、葬儀・告別式は、さまざまな場所で行われます。故人が生前、暮らしていた自宅から送り出してあげたい。集合住宅なので自宅で葬儀を行えない。家族や会葬者の負担を考えて火葬施設を併設した葬儀場にしたいなど、遺族の想いや事情によって斎場・葬儀場は選ばれます。それぞれの施設の特徴と、そこにふさわしい葬儀スタイルを知ることで、故人と家族にとって一番ふさわしい斎場・葬儀場選びの参考にしてください。

斎場・葬儀場の種類と特徴
費用を抑えられる 会葬者の負担を抑えられる 自由度が高い 人・地域のつながり
民営斎場 民営斎場
公営斎場 公営斎場
寺院・宗教施設 寺院・宗教施設
町内会館・集会所 町内会館・集会所
自宅 自宅
ホテル ホテル
火葬場 火葬場
民営の斎場・葬儀場

民営の斎場・葬儀場

民営の葬儀場には、自社葬儀場貸葬儀場の2種類があります。

自社葬儀場は、文字通り葬儀社が自社で保有している式場です。基本的に保有する葬儀社だけが利用する施設で、葬儀のための設備が整っているのはもちろん、自社施設なのでスタッフが使い慣れていて、葬儀の演出も比較的自由に行えるのが特徴です。

貸葬儀場は、企業・団体などが運営する葬儀場で、利用できる葬儀社に制限はありません。特徴としては、最寄り駅に近い、幹線道路沿いに立地している、広い駐車場がある、火葬施設を併設しているなど、遺族と会葬者の負担軽減に配慮した中・大型施設が多いのが特徴です。貸葬儀場の予約は、葬祭業者が行うのが普通です。

公営の斎場・葬儀場

公営の斎場・葬儀場

市町村などの地方公共団体が運営する葬儀場で、民間の葬儀場に比べて利用料金が安価なのが特徴です。火葬施設を併設した葬儀場も多いので、葬儀から火葬までを1か所で行える利点があります。利用に際しては、葬儀場を運営する市町村の住民が、日程でも費用でも優先されます。また、公共施設なので音楽葬や自由葬といった派手な演出をともなう葬儀は行えないこともあります。地方では自宅で葬儀を行う習慣がまだ残っているので、公営の葬儀場の予約は比較的容易ですが、首都圏をはじめとする都市部では、公営の葬儀場の数が需要に追いつかず、予約するのが難しい状況です。

菩提寺・寺院・宗教施設

菩提寺・寺院・宗教施設

寺院、教会、モスクといった宗教施設では、檀家や信徒の葬儀が行えます。神道は、社殿や境内で葬儀ができないので、貸葬儀場と契約している神社もあります。寺院での通夜、葬儀・告別式の場合、菩提寺の本堂で行うものと、寺院の境内に併設された葬儀場で行うものに別れます。

菩提寺の本堂で葬儀を行えるのは、基本的に故人が檀家である場合に限られます。その際、僧侶や寺院の予定に葬儀日程を合わせる必要があります。また、菩提寺によっては、葬祭業者が指定されていることもあるので、葬儀プランなどを自由に選べない場合もあります。

一方、寺院の境内に併設された葬儀場は、一般の貸葬儀場と同じように宗旨・宗派を問わず利用できるのが普通です。但し、葬儀場を予約できるのは、寺院が指定した葬祭業者に限られることも多いようです。

町内会館・集会所

町内会館・集会所

地域の自治会の町内会館、マンションや団地の集会所などを葬儀会場にすれば、式場費を無料または格安に抑えることが可能です。但し、その施設で葬儀を行えるか否かを事前に確認する必要があります。また、自治会・管理組合の会長などに協力を仰ぐことも不可欠です。町内会館や集会所は葬儀専用の施設ではないので、遺体を安置する方法、会場の設営などに思いのほか費用がかかることもあります。こうした施設を葬儀会場にするときは、葬儀社・エンディングプランナーと相談してから決めることをお勧めします。

自宅

自宅

家族と近所の人たちに見守られながら、故人が長年暮らした我が家から送り出す自宅葬は、日本の葬儀本来のかたちでした。

通夜、葬儀・告別式を行える自宅の広さがあれば、会場費は一切かかりません。但し、葬儀社・エンディングプランナーが棺、祭壇、通夜料理、霊柩車といった葬儀の準備をしても、会葬者の対応や接待などは、ご近所の皆さんのお手伝いが必要です。

一昔前まで、葬儀を自宅で行うことは、一部の例外を除いて当然のことでした。今でも地方では、自宅で葬儀を行うのが一般的です。しかし、都市部では核家族化が進み、マンションなどの集合住宅の割合が急増。さらに、地域コミュニティの人間関係が希薄になったことで、葬儀も小規模化する傾向にあります。地域社会が一体となって執り行う儀礼、自宅葬は年々減る傾向にあります。

ホテル

ホテル

ホテルを葬儀会場として利用する葬儀スタイルの正式名称を「骨葬」と言います。骨葬は火葬した後、遺骨になってから葬儀を行う形式で、家族葬(密葬)で故人を荼毘に付したあとに行う社葬(本葬)は骨葬になります。ホテルを葬儀会場にした場合、遺体を運び込むことができないので、お別れ会・偲ぶ会・ホテル葬などは骨葬として行います。

ホテルを式場にする利点は、ホスピタリティにあります。広々と使いやすい空間、会葬者の宿泊や交通の利便性、温かい料理、ホテルスタッフの洗練されたサービスなど、遺族や会葬者に負担の少ない葬儀が行えます。反面、費用が一般の葬儀に比べて高額になることや、火を使う焼香はできないといった制約もあります。

ホテルの予約については、葬儀社・エンディングプランナーに相談する方法と、使いたいホテルに直接連絡する方法があります。ホテル葬など葬儀としての形式に重点をおくか、お別れ会として自由な雰囲気にするかによって、申し込み先を決めるといいでしょう。

火葬場

火葬場

火葬式(荼毘・直葬)と呼ばれる葬儀スタイルは、一般葬のような通夜、葬儀・告別式を一切行わず、火葬場の火葬炉の前に遺族が集まり、10分程の短いお別れをして火葬するものです。このとき僧侶を頼んでいれば、読経もあげてもらえます。火葬場を葬儀場に使うというよりも、火葬炉を式場に見立てて、故人と最後のお別れをするといったほうが正確かも知れません。火葬式は、自宅や安置施設から直接火葬場に向かうので、葬儀費用を最も安く抑えられます

お急ぎの方はこちら